会則

  1. 会の名称等 会の名称は「風疹をなくそうの会 『hand in hand』」とする。 事務局は 会長 可児佳代宅に置く。
  2. 会の目的風疹を排除し、先天性風疹症候群の発生をゼロにすることを目標にする。先天性風疹症候群児の当事者に対する支援相談体制の確立、情報提供を行う。 ・わが国の予防接種制度が大きく進展している中で、住んでいる地域や経済的な事情、 受け取る情報に格差なく、等しく予防接種ができるよう、医師だけでなく、歯科医 師、看護師、助産師、薬剤師、保健師、保育士、教職員、医療・介護職員、自治体 職員など、予防接種に関わるすべての関係職種が連携して、予防接種を推進する環境整備に取り組むことを目的とする。
  3. 会の構成  会の目的に賛同する個人・団体で構成する。
  4. 会の活動  この会は、前条の目的を達成するため、次の項目の非営利活動を行う
    1. 厚生労働省等への要請、国会への請願。
    2. 各自治体への要請。
    3. 風疹の予防接種に関する正しい情報を共有するための学習・啓発活動。
    4. 先天性風疹症候群児に対する、支援活動。
    5. その他、目的達成のために必要なこと。
  5. 会の運営  会の任務遂行のため、サポーターおよび事務局員を選出し、会の運営に当たる。
  6. 会の資産  会の資産は寄付、募金及び事業活動から生じる収入。これを非営利活動に係わる事業に関する資産とする。

   7. 会の財政は、事業活動、寄付、募金などで賄う。

      会計は、事務局が担当し会長・副会長と会員に報告する

    会計は、非営利活動に係わる事業に関する会計とする。

    会の収支決算は会長が作成し、年一回の総会で監査を受けて承認を得る。

    決算上剰余金を生じたときは、次事業年度に繰り越すものとする。

    当会の事業年度は、毎年7月1日から翌年6月30日までとする。

  8.申し合わせ事項の変便

    本申し合わせ事項の追加、変便などは総会出席会員の過半数の賛同を得て行うことができる。

  9.附則 この申し合わせは、一部改訂して2013年 11月 21 日より実施する。

      一部改正と役員改正して2015年5月15日より実施する。

      一部改正して2015年5月30日より実施する。

  

  【役員・事務局員】
   会長   可児佳代
   副会長  西村 麻依子   (会長・副会長を共同代表とする)